脱毛コラム

【ダイオードレーザーの効果】最新の脱毛方式が優秀すぎる

ダイオードレーザーの効果を徹底解説。従来の「ショット式」に加え、導入が増え始めた「蓄熱式」の優秀ポイント、メリット・デメリットまでがわかります。


医療脱毛で使われているレーザーは大きく分けて、「アレキサンドライトレーザー」、「ダイオードレーザー」、「ヤグレーザー」の3種類があります。

それぞれ特徴があり、肌質や毛質、照射する部位によって使い分けがされています。

その中でも「ダイオードレーザー」は、「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」の中間の波長をもつバランスのいいレーザーです。

従来の「ショット式」という脱毛方式だけではなく、新しい「蓄熱式」の脱毛方式が導入され始め、さらに使いやすくなりました。

今回は、ダイオードレーザーの特徴やメリット・デメリットについて、できる限りわかりやすく解説したいと思います。

1. ダイオードレーザーの特徴と効果

ダイオードレーザーの他に、代表的なレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーがありますが、ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーの次にクリニックでの導入数が多いレーザーです。

ダイオードレーザーは、半導体(ダイオード)を光源とするレーザーです。

アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの間くらいの波長で、メラニンの吸収率や効果のバランスが良いのが特徴です。

アレキサンドライトレーザーは、3種類の脱毛レーザーの中で一番波長が短いため、メラニン色素によく反応し、脱毛の効果が高いのですが、根深い毛には届かなかったり、肌のメラニンに反応してしまったりするので、日焼けや色黒肌の人には使えないというデメリットがありました。

しかし、ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーよりも波長が長いため、メラニン色素には程よく反応しつつ、やけどなどのリスクもカバーしてくれます。

レーザーを照射するヘッド部分が通常は丸い形なのに対して、ダイオードレーザーは四角い形をしています。

そのため、打ち漏れが起きにくいというメリットもあります。

また、ヘッドの面積も多いため広範囲の部位の脱毛をスピーディーに照射するのが可能となりました。

2. 2種類のダイオードレーザー

ダイオードレーザーには、「ショット式」と「蓄熱式」の2種類があります。

① ショット式
② 蓄熱式

① ショット式

ショット式とは、従来のレーザー照射方式で、毛根のメラニン色素に反応し、熱エネルギーを発生させます。

一瞬で強いレーザーをバチっと熱を与え、毛母細胞や毛乳頭から毛を破壊するのです。

他のアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーもショット式の脱毛方式です。

照射時に高い熱を発生させるため、痛みを伴うのがデメリットです。

② 蓄熱式

蓄熱式は、毛根よりも皮膚に近いところにある「バルジ領域」に熱を与えます。

バルジ領域とは、毛を作る毛母細胞に指令を出し、発毛を促す働きを持っています。

つまり、バルジ領域を破壊してしまえば、毛が生えてくることはありません。

バルジ領域は毛母細胞よりも皮膚に近い部分にあるため、毛母細胞を一瞬で破壊するショット式とは異なり、肌全体にゆっくりと熱を与えるだけで、バルジ領域は破壊されます。

ゆっくりと肌を温めながら脱毛していくので、痛みが少なく、肌へのダメージが少ないのが特徴です。

照射をする際は、肌を滑らせるようにヘッドを当てていくため、打ち漏れが少ないのもメリットです。

また、黒いメラニン色素ではなく、バルジ領域をターゲットとしてアプローチするため、色黒肌や日焼け肌でも照射が可能です。

産毛や細い毛にも効果があるとされています。

一般的なレーザー脱毛では毛周期に合わせて脱毛をしていくのですが、バルジ領域を破壊する蓄熱式ダイオードレーザーでは、毛周期に関係なく脱毛効果を得ることができます。

3. 他のレーザーとの違い

大きな違いは、波長の長さ、つまり皮膚にレーザーが到達する長さを意味します。

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーのちょうど間の波長の長さです。

レーザー脱毛機の種類 波長の長さ
アレキサンドライトレーザー 755nm
ダイオードレーザー 800~810nm
ヤグレーザー 1,064nm

この中でも比較的波長が短いアレキサンドライトレーザーは黒いメラニン色素によく反応します。

皮膚の奥までには到達しないので、毛根が深いところまであるような毛にはレーザーの熱が伝わりにくいというデメリットもあります。

また、黒いメラニンに反応しやすく、黒く日焼けした肌や色黒の肌などにも反応してしまうため、日焼けした人、肌が黒い人、黒ずみがある人もやけどのリスクがあり、使用することができません。

ヤグレーザーのような波長の長いレーザーは肌の奥までレーザーが届きますが、レーザーの効果が低いのが欠点です。

ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーと比べて、メラニンへの反応が弱いため、メラニンを多く含む日焼け肌や色黒の肌であっても火傷のなどのリスクが少ないレーザーです。

しかし、メラニンへの反応が弱いということは、効果も低いということになってしまうため、出力数を上げて使われることがあり、その際に痛みが伴ってしまいます。

レーザーの種類によって下記のような違いがあります。

(1)痛み
(2)日焼け肌や色黒肌への効果
(3)根深い毛への効果
(4)産毛への効果

(1)痛み

痛み
アレキサンドライトレーザー やや強い
ダイオードレーザー(ショット式) 弱い
ダイオードレーザー(蓄熱式) 弱い
ヤグレーザー 強い

(2)日焼け肌や色黒肌への効果

日焼け肌や色黒肌への照射
アレキサンドライトレーザー ×
ダイオードレーザー(ショット式)
ダイオードレーザー(蓄熱式)
ヤグレーザー

(3)根深い毛への効果

根深い毛への効果
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー(ショット式)
ダイオードレーザー(蓄熱式)
ヤグレーザー

(4)産毛への効果

産毛への効果
アレキサンドライトレーザー ×
ダイオードレーザー(ショット式)
ダイオードレーザー(蓄熱式)
ヤグレーザー

4. ダイオードレーザーの4つのメリット

ダイオードレーザーには、下記のようなメリットがあります。

① 産毛にも効果がある
② 痛みが少ない
③ 広範囲に照射が可能かつ打ち漏れが少ない
④ 日焼け肌や色黒肌にも効果がある(蓄熱式の場合)

① 産毛にも効果がある

ダイオードレーザーは照射出力やパルス幅を幅広く調節することが可能なため、通常の黒い毛だけではなく、産毛や細い毛にもアプローチすることが可能です。

波長が短いアレキサンドライトレーザーの場合だと、肌のやけどにつながってしまいます。

ヤグレーザーは、肌の奥の根深い毛に効果があるので、産毛や細い毛を破壊するのは、どちらかというと苦手です。

ダイオードレーザーだとちょうどよく産毛や細い毛にも対応してくれるのです。

② 痛みが少ない

ショット式ダイオードレーザーは、照射部分を吸引しながら熱を当てていきます。

皮膚を引き伸ばしながら、レーザーが皮膚のメラニンへ吸収されるのを防ぎ、毛根に対して照射することができます。

そのため、今までよりも少ないレーザー出力で照射をすることが可能になり、肌へのダメージも痛みも最小限に抑えることができます。

蓄熱式の方のダイオードレーザーになると、低出力でじわじわと温めながら照射していくのでさらに痛みが少ないのが特徴です。

また、ダイオードレーザーを搭載している機種は、冷却装置を搭載しているので、レーザーの照射と同時に肌を冷やすことができ、痛みを軽減することが可能です。

③ 広範囲に照射が可能かつ打ち漏れが少ない

ダイオードレーザーは、機種によっても様々ですが、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーと比較して、大きな照射ヘッドを持っています。

そのため、背中のような広範囲の部位をスピーディーに照射することが可能です。

また、照射ヘッドが丸いと隙間なく照射するために何度も重ね打ちする必要があったのですが、ダイオードレーザーは、四角形のヘッドのため、打ち漏れが起こりにくいです。

④ 日焼け肌や色黒肌にも効果がある(蓄熱式の場合)

蓄熱式のダイオードレーザーの場合、黒いメラニン色素ではなく、バルジ領域をターゲットとして熱を与えるため、メラニンを含んだ色黒肌や日焼け肌には熱エネルギーが届かずやけどなどを引き起こしません。

そのため、日焼け肌や色黒肌、黒ずみがあるような肌にも対応できます。

5. ダイオードレーザーの2つのデメリット

ダイオードレーザーには、下記のようなデメリットがあります。

① 美白効果は期待できない
② 毛が抜けるスピードが遅い

① 美白効果は期待できない

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーの中間くらいの波長なので、皮膚表面のメラニンにも、皮膚の奥の細胞にもどちらにもアプローチすることはできません。

しかし、ムダ毛がなくなることで、毛穴がキュッと引き締まるので、脱毛をするとどのレーザーでもきめ細かな肌を手に入れることはできます。

② 毛が抜けるスピードが遅い

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーは、1〜2週間で毛が抜けますが、ダイオードレーザーはそれよりも遅く、数週間かかると言われています。

大事なイベントに急いで間に合わせたい場合は、ダイオードレーザーは不向きです。

6. ダイオードレーザーを搭載している脱毛機

下記のクリニックはダイオードレーザーを搭載している脱毛機を導入しています。

① アリシアクリニック
② リゼクリニック
③ レジーナクリニック

① アリシアクリニック

アリシアクリニックは、ライトシェアデュエット(ショット式)を導入しています。

ライトシェアデュエットは、照射ヘッドの大きさが、広いものと小さいものの2種類があり、使い分けが可能です。

アリシアクリニックでは、他にもジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)、スプレンダーX(アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを両方搭載)も導入しています。

アリシアクリニックの「スプレンダーX」については、下記にまとめているのでよかったら参考にしてみてください。

アリシアリニック情報

コスパ
お得なキャンペーンを実施中
通いやすさ
全国18院以上展開
保証内容
照射漏れ対応あり
追加料金
当日キャンセル代無料/剃り残しシェービング代(手の届かない範囲のみ)無料
脱毛時間
全身脱毛1回約60分

② リゼクリニック

リゼクリニックでは、同じダイオードレーザーでも、ショット式のライトシェアデュエットと、蓄熱式のメディオスターの両方を導入し、使い分けています。

ダイオードレーザーはどちらも痛みが少ないので、痛みが不安という人におすすめです。

リゼリニック情報

コスパ
お得なキャンペーンを実施中
通いやすさ
全国20院以上展開
保証内容
肌トラブル完全無料保証
追加料金
当日キャンセル代(3時間前もしくは前日の診療時間内まで)無料/剃り残しシェービング代無料
脱毛時間
全身脱毛1回約2時間

③ レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、蓄熱式のソプラノアイス・プラチナムを使用しています。

蓄熱式のダイオードレーザーは毛周期に関係なく脱毛ができるので、5回プランの脱毛が8ヶ月という早さでできてしまうのが特徴です。

レジーナクリニック情報

コスパ
全身脱毛5回コースがお得
通いやすさ
全国14院以上展開/全院平日21時まで診療可能
保証内容
照射漏れ対応あり
追加料金
キャンセル代(2日前の20時まで)無料/剃り残しシェービング代無料
脱毛時間
全身脱毛1回約60分

まとめ 〜ダイオードレーザーの効果〜

「ダイオードレーザー」は、「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」の中間の波長なので、それぞれのメリット・デメリットをカバーし、産毛に対応できたり、痛みを少なくしたりするメリットがあります。

最新の蓄熱式になると痛みがさらに少なくなり、毛周期も気にせず早く脱毛が完了するので、導入しているクリニックをぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

  1. 【脱毛後当日のアフターケア】運動やお酒はNGって本当?

  2. 【脱毛の医療ローン】審査から手数料のシミュレーションまで

  3. どうしても脱毛の痛みが気になるなら…麻酔を使ってみる?

  4. 剛毛の方が医療脱毛の効果が高いって本当?必要な脱毛回数は?

  5. 【脱毛とニキビの関係】脱毛でニキビを減らせるって本当?

  6. 脱毛は妊娠中でもできる?妊娠前に脱毛した方がいい3つの理由

PAGE TOP